ロゴ

年齢を重ねると気になる目の下のたるみ〜治療で悩み解消〜

>コラム>目の下のたるみもきちんとケア〜治療法の種類〜

目の下のたるみもきちんとケア〜治療法の種類〜

医者

たるみを改善する治療方法

目の下のたるみがあると、実年齢よりも老けてみえます。メイクのノリも悪くなり、鏡を見るたび落ち込んでしまう原因にもなります。そんなときはプロの腕に頼りましょう。目の下のたるみをとる施術は、埋没法や切開法などがあります。脂肪やヒアルロン酸を注入して目の下をふっくらさせる施術もあり、20代から30代の人に人気です。切開法のひとつであるこめかみリフトは、髪の毛の中にメスを入れるので傷が目立つことはなく安心して施術を受けられます。まぶたのふくらみがある場合は、脂肪除去がおすすめです。まぶたの裏から脂肪をとるので、傷跡が残らずきれいにたるみを解消できます。施術方法はたるみ具合に合わせる必要があります。まずは、信頼できるクリニックを探してみましょう。

女性

良いクリニックで受けるのが一番

目の下は皮膚が薄くデリケートな部分です。特に目が大きい人はたるみやすく、20代でもたるんでしまう場合があります。施術が失敗すると目の下が窪んで左右に差が出てしまい、余計に老けてみえます。医者選びは慎重にしましょう。目の下のたるみを撃退するために、信頼できるクリニックを自分の目で見極めましょう。クリニックのホームページを隅々までよく読み、医者の顔や経歴をチェックします。クリニックの評判も大きいポイントです。大きい規模のクリニックだから良い訳ではないので、注意しましょう。複数のホームページを比べてみるのもよいでしょう。口コミサイトはニセモノの場合があるので参考程度にしてください。施術は医者の腕にかかっています。経験が豊富な医者を選ぶことが重要です。